国際人を目差す人の資格取得の合わせ技3選

財務・経理のスペシャリスト

米国税理士であるeaは、米国での税理士業務向けの資格であり、日本国内では税理士としては認められていないため、日本の税理士資格を合わせて取得すると活躍できるフィールドは一気に広がります。特に、国際的な日本企業や外資系企業などでは、国内・海外双方をカバーできるこの資格の組み合わせの評価はかなり高いものがあります。現在では煩雑な事務処理はコンピュータが代行してくれるため、より財務・経理部門のコンサルタントとしての役割が高まっています。

国際会計基準の統一で日本でも需要が増えています

米国公認会計士(cpa)は、米国会計理論に基づいた会計実務のエキスパートとして国際的に通用する資格です。国際会計基準が米国の理論をもとに統一される動きから、日本国内のグローバルに活動する企業や、外資系企業での需要が高まっているのです。英語力は必須ですが、英検2級レベルの力があれば対応は可能ですが、資格取得後の実務を考えればより高い英語力を求められます。取得後は会計事務所や企業の財務・経理部門での活躍が期待できます。

金融関連で注目の高まっているcfa

米国証券アナリスト(cfa)は、経済や産業・企業動向を分析し、投資資産運用計画を策定する投資のプロフェッショナルです。資格取得の難易度も高い分、評価も高くなります。ボーダレス・グローバル化が進む中で、日本の金融関連会社においても、注目を集めている資格の一つです。グローバルスタンダードな証券知識を身に着けることで、活躍できるフィールドは広がり、特にファンドマネジャーを目指す人には必須といっても良いでしょう。

基本情報技術者の試験では、プログラミングをはじめとする重要なテーマが出題されるため、コンピュータ関連の知識をきちんと身に着けることが欠かせません。