努力すれば目指せる!?司法書士になるための勉強方法

司法書士試験の試験対策とは

司法書士は不動産登記や簡易訴訟代理人に公的機関に提出する書類などの代行を行う仕事ですから法律に関する様々な知識を習得する必要があります。司法書士の試験には刑法や民法に商法や不動産登記法に民事訴訟法などの様々な分野から出題されますからそれらをまんべんなく勉強しておく必要があります。試験は多肢選択式の試験と記述式の試験があるので、習得した知識を試験時間内にきちんと運用できる様に学習をする必要があります。

司法書士の勉強は独学以外にも講座がある

司法書士の試験を受ける場合には独学で対策をするのも可能ですが、法律を学んだことの無い方ならば講座で学ぶほうが効率的です。司法書士の資格講座には通信教育のものと通学講座などがありますから実際に講師から教えてもらいたい場合には通学講座で、暇な時間に勉強をする場合には通信教育を選択するとよいでしょう。これらの講座ではテキストがかなり多く配布されますからテキストに書かれている内容を元に法律の知識を頭に叩きこむ必要があります。

司法書士になるための勉強時間は

司法書士になるために必要な勉強時間はおよそ3000時間程度と言われています。一日6時間勉強を行った場合でも1年強かかることになりますので焦ること無く着実に対策をしていく事が大事です。勉強時間が確保できる場合にはさほど問題ありませんがそうでない場合には効率の良い学習方法で学ぶことも必要です。司法書士を目指すという方で学習する習慣が身についていないという方は最初は短時間勉強して徐々に時間を伸ばしていくとよいでしょう。

司法書士の資格を取得するなら、司法書士の講座を受講して勉強してから司法書士の試験を受けると、合格率もアップします。