人気の資格!!宅建の勉強法!!紹介します!!

繰り返し学習することで知識の定着を図る

法律系の人気資格の一つである宅建は、取得することで不動産業界で活かすことができるだけでなく、就職や転職活動にも有利な資格ですよね。そのために目指している人も多い資格となっています。不動産取引のエキスパートである宅建は難易度も高く、幅広い知識が必要となるため勉強方法も重要ですよね。効率的に勉強を進めるためには「繰り返し学習すること」が大切です。何回も繰り返し学習することで自然と記憶に定着されますよ。

理解する学習がとても大切

宅建を勉強する上で大切なのは「理解すること」です。試験範囲を全て丸暗記しようと意気込み、暗記に偏ってしまうと応用問題につまずいてしまいます。勉強するときは頭の中に「なぜ?」という疑問を常に抱き、判例や規則を理解するようにしましょう。理解をし自分で明確に理由づけをすることができるようになれば、自然と知識として身に付き、テスト本番に余裕を持って解答できるようになりますよ。そのために、理解中心の学習を進めましょう。

過去問を解いて問題の傾向をつかむ

宅建を受験する上で「過去問を解くこと」はとても大切です。過去問は10年分繰り返し解くことで問題の傾向や出方を学びましょう。過去問を解くことは、繰り返し学習してきた知識を実際の問題として解き、定着させるためにとても重要です。時間を計り、試験本番をイメージして解き、自分の実力を確かめてくださいね。過去問を解き終わったら、間違えた問題を「なぜ間違えたのか?」理解することも大切です。解きっぱなしにせずに、一つ一つの問題を大切にしてくださいね。

宅建の講座を受けるには、資格学校の講座を受講したり、通信教育のプログラムを利用するなどの方法があります。